IEC 62368-1:2018 - スキマ時間で理解するIEC 62368-1 第2版から第3版への変更点【オンデマンドセミナー】

Chapter 2:一般要求事項と電気的要因による傷害編


テュフ ラインランド ジャパンの専門家が、 IEC 62368-1 第2版から第3版への変更点の基本概要を、4回シリーズでわかりやすく解説します。このChapter 2では、一般要求事項と電気的要因による傷害について取り上げます。

IEC 62368-1:2018
Audio/video, information and communication technology equipment - Part 1: Safety requirements
オーディオ・ビデオ,情報及び通信技術機器-第1部:安全要求事項

※約15分間のオンデマンドウェビナーです。公開中いつでもご視聴いただけます。
(登録後、すぐにご視聴いただけます。すぐに音声が始まりますので、ご注意ください。)

【対象】
情報機器、AV機器、無線機器の設計、製品安全ご担当者、他
※IEC 62368-1の理解は、無線機器や車載機器など、さまざまな分野の製品設計に必須です。

【プログラム】
Chapter 1:IEC 62368-1: 2018への移行、第3項 (用語及び定義) の変更点
Chapter 2:第4項 (一般要求事項)、第5項 (電気的要因による傷害) の変更点 <--- 今回はこちら
Chapter 3:第6項 (電気的要因による火災)、第8項 (機械的要因による傷害)、第9項 (熱エネルギーによる熱傷)、第10項 (放射エネルギーによる傷害) の変更点
Chapter 4:附属書 (Annexes) の変更点

 【担当】
製品事業部  電気製品部  IT/AV製品課
IT/AV製品を中心に、各国法律に基づく規格適合検査を行う部門。豊富な知識や経験を有した検査官・エキスパートが多数在籍。20年以上にわたり、製品安全規格解説セミナーを行う。

【受講料】
無料

【受講登録】
下記の「お申込みフォーム」より、ご登録ください。
※同業の方のご登録はご遠慮ください。また個人アドレスでのご登録はご遠慮ください。

【お申込みフォーム】

必要事項をご記入のうえ、送信ボタンを押してください。オンラインセミナー視聴画面へ進みます。*は必須項目です。
記入例:千代田区または横浜市
記入例:港北区新横浜3-19-5
 
その他の情報をチェック
 
© TÜV Rheinland 2021
 
Back to top