【オンデマンドセミナー】環境対策、初心者向け生分解性試験について

グローバル規模で資源循環型社会を目指す今、プラスチック廃棄物は大きな問題のひとつとして、消費者だけでなくメーカーにとっては対応が急務となっています。

これまでのプラスチックに代わり環境対策として注目されているのが、バイオプラスチックです。バイオプラスチックは、ソリューションのひとつとして使用されていますが、まだ新しい市場であり世界で生産されているプラスチック全体の1%に過ぎません。しかし、従来のプラスチックと比べてもバイオプラスチックは特性や品質の面で大きな進歩を遂げており、さまざまな市場で応用されるようになっています。

バイオプラスチックには、生分解性、バイオマスプラスチック、オキソ分解性など、多くの分解性プラスチックの種類がありそれぞれ定義されています。一般消費者がそれぞれの特性を理解し、環境への負荷低減に貢献しようとしても、わかりやすい明確な基準がなく、判断しずらいのが現状です。
バイオプラスチックに携わるメーカーは、これらの特性と定義を理解し、消費者に明確に安全性を明示できる方法を導入することも必要です。

バイオプラスチックとして注目されている一つ「生分解性プラスチック」があります。本セミナーでは、「生分解性」を理解するための定義を説明し、生分解性として認められるための必須要件や適用規格を解説します。欧州の生分解性認証規格EN 13432を中心に、各国での対応の違いについても解説します。また、生分解性認証について、およびDIN CERTCOが提供する生分解性認証の種類と取得のプロセスについての解説も含みます。

*DIN CERTCOは、テュフ ラインランド グループグループの認証機関です。

【視聴登録フォーム】環境対策、初心者向け生分解性試験について

以下に必須事項をご記入のうえ、ご覧ください。
※登録後、すぐにご視聴または公開中いつでもご視聴いただけます。
 
その他の情報をチェック
 
© TÜV Rheinland 2022
 
Back to top