Bluetooth搭載製品を市場で販売する場合、Bluetooth認証取得が必要となります。認証を取得せずに製品を販売した場合、罰金や販売停止等のペナルティが課せられるケースがありますので、販売前に必ず認証プロセスを終わらせるようにしてください。


Bluetooth認証とは
「設計認証」と「製品登録」の2つのプロセスで構成されています。これらは開発している製品に応じてプロセスが異なります。また、設計認証は、認証試験が必要となります。詳しくは、Bluetooth認証が可能な第三者認証機関にお問い合わせください。
ご存知ですか?製品登録料の変更が目前に迫っています。
Bluetooth SIG*は2021年3月、料金変更に関する発表をしました。この料金変更の中には、認証取得に必要とされる製品登録料も含まれています。2022年1月1日より製品登録時に支払うDeclaration ID 費用が右図のように変更されます。

*Bluetooth SIG (Special Interest Group) は、Bluetooth技術と登録商標を管理する民間団体です。SIG法人メンバーになることで、Bluetooth技術使用ライセンス・商標ライセンスを取得することができます。
製品登録料

現在開発中の製品は下記に当てはまりませんか?

  • 値上げを盛り込み済みで、登録作業を計画的に進めている/開発が少し遅れ気味で焦っている
  • 現在開発しているが、年内登録は難しいので来年の製品登録を考えている
  • 今まさに開発中だが、来年値上げされることを知らなかった・失念していた
  • 製品認証や製品登録といわれても、初めてなのでサポートが必要だと感じる

テュフ ラインランド ジャパンでは上記に当てはまる方におすすめの「製品登録駆け込みキャンペーン」を実施中です。11月中にご相談いただいた方限定で、製品登録料を据置きでサポートします。テュフ ラインランドの豊富な経験による充実したサポートをこの機会に体験されることをおすすめします。

Bluetooth 製品登録 駆け込みキャンペーン

11月末までにご依頼いただいた方限定で、登録(Declaration ID)費用を現行価格で製品登録を受け付けします。2022年に向けて製品を開発されている皆さま、登録料据え置きで登録ができるチャンスです。キャンペーンの詳細はお問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。ご要望に沿った試験プランを提案します。
Bluetooth製品登録 駆け込みキャンペーン概要


サービス内容
  • Declaration ID 購入代行手数料無料(製品登録・設計認証のサポートを同時に依頼される方限定)
  • Declaration ID 購入代行手数料:10個までは1個分の手数料で対応(Declaration ID 購入代行のみ依頼される場合)
  • 法人メンバー登録のサポート(SIGメンバー未登録の企業)



キャンペーン内容



キャンペーンお申し込みの流れとかかる期間
製品登録のみ:無料相談から製品登録まで、1ヵ月以内
法人メンバー登録+製品登録:無料相談から製品登録まで、1.5ヵ月


※技術ミーティングにて、製品認証が必要であると判断した場合については、製品認証を盛り込んだプランをご提案します。



キャンペーン適用条件
11月30日(火)までにお申し込みいただいた方限定


キャンペーン費用
ご要望内容によって異なるため、お問い合わせください。

テュフラインランドに依頼するメリット


取引実績

特殊部品メーカーから大手総合電機メーカーまで幅広い業種のお客様のBluetooth認証取得のサポートをしている豊富な実績から、業種特有の設計にも通じており、的確なアドバイスが可能です。手厚いサポートに満足いただき、長年Bluetooth認証取得をリピートで依頼されるお客様が多くいらっしゃいます。

お客様の声

総合電機メーカー 開発責任者 様:
迅速かつ丁寧な対応を頂き、助かっております。試験内容についても、よくある失敗例の紹介などのアドバイスをいただけますので、事前の対応が的確にでき、毎度試験は一度で合格しています。

弊社の認証・登録サービスをご利用いただき、沢山のお声をいただいています。詳しくはこちら

Bluetooth 製品登録 駆け込みキャンペーン お問い合わせフォーム

駆け込みキャンペーン・Bluetooth認証に関するお問い合わせ・ご質問は下記からお願いいたします。キャンペーン担当者からご連絡させていただきます。
記入例:キャンペーンの詳しい内容を知りたい。メンバー登録について教えてほしい等
 
その他の情報をチェック
 
© TÜV Rheinland 2021
 
Back to top