自動車の法規改正で高まるCOP対応

EU法規 2018/858の自動車業界への影響

自動車技術の発展とともに規制が厳しくなる中、EU域内での自動車の型式認証制度に関するEU法規2018/858が、2020年9月1日より施行されました。

EU域内において車両は、EUにおける統一車両型式認証制度(WVTA: Whole Vehicle Type Approval)に基づき、認可を取得しなければ販売できません。EU法規 2018/858は、型式認証に加え市場監視が強化がされました。認可取得済みの自動車および自動車部品の品質や安全性の向上を図るため、法規が改正されました。

新規制の主なポイント
  • 市場監視当局を設立し市場監視を実施
  • 義務的定期監査の実施
  • 認可当局が監査される
  • 量産時の安全性確保

認可申請者はCOPに関連する対応として、2018/858が要求する定期的な製品試験・分析を行い、品質管理体制を構築する必要があります。

COPの概要から、対応まで、簡単に学べる動画です。
以下に必須事項をご記入のうえ、ご覧ください。
※オンデマンドウェビナーです。登録後、すぐにご視聴または公開中いつでもご視聴いただけます。
記入例:千代田区または横浜市
記入例:港北区新横浜3-19-5
 
その他の情報をチェック
 
© TÜV Rheinland 2022
 
Back to top