UN-R155の解釈文書のガイドブック ダウンロード

国土交通省は、2021年1月22日よりUN-R155/156を法規として施行し、いよいよ自動運転技術の環境が整いました。

 しかし、実際にUN-R155を読むと要求に関する情報が少なく、具体的なイメージを持てずに苦労をされている方が多いのではないでしょうか。

提供元のWP29*¹は、要求内容の明確化やよりわかりやすい記述が必要と判断し、認可を受けるOEMとシステムを評価する私たち技術サービス、認可当局向けに解釈文書*²を発行しました。この解釈文書とは、UN-R155の中で特に重要な記述であるパラグラフ7の「仕様」の要求を明確化し、より具体的な内容が書かれている副読本ともいえます。
 
*¹ WP29は国連欧州経済委員会(UNECE)におけるWorking Group 29自動車基準調和世界フォーラムの略称

副読本というくらいですから、これがあれば準拠出来るかというとそう簡単ではありません。そこで解釈文章のトリセツに関してのブログを公開しましたので、まずは、ご一読ください。


実際の監査を受ける際は監査側の思惑や具体的な要求内容までは分かりません。

あらかじめ工数をかけて完璧に対応しようとしたり、限定された情報で理解しようとすると限界が生じます。また、間違った理解で作業を進めることにより、適合から遠ざかる可能性も出てきます。そういったことが生じないように、要求をかみ砕いて説明してくれる専門家に相談して、より深い理解を得られれば工数を減らした適合までの近道がみつかるでしょう。

UN-R155の解釈文書のガイドブック ダウンロード登録

 いままで独学で進めてきた方やこれから読み込みたいという方に、先ほどの解釈文書に即したガイドブックを作成しました。このガイドブックでは、監査のポイントを理解するヒントとテュフラインランド ジャパン推奨内容*を整理していますので、参考にしていただければと思います。

主な内容:
・UN-R155のポイントを理解するヒント
・UN-R155適合におけるテュフラインランド ジャパン推奨内容

対象:
・自動車のサイバーセキュリティ法規担当者
・自動車のサイバーセキュリティエンジニア
・企業のサイバーセキュリティ担当者

*テュフ ラインランド ジャパン推奨は監査での適合を保証するものではありません。
詳細は、お問い合わせください。

本多 克三 (ほんだ かつみ)
テュフ ラインランド ジャパン株式会社運輸交通部
車両安全・自律運転とコネクテッドカ― シニアエキスパート

 
その他の情報をチェック
 
© TÜV Rheinland 2022
 
Back to top